マンション塗装大作戦

外壁塗装の色選びのコツ

マンションの外壁塗装の色選びのコツ

マンションの外壁塗装の色選びのコツ マンションの外壁塗装を検討した際に、一番の問題となることは色の選定です。マンションのような高層の建物の外壁塗装する際は色選びにコツがあります。
白やアイボリーなどの白系の塗料を使用した場合は汚れや亀裂が目立ちやすい傾向があるため避けた方が無難です。
マンションの外壁面は、紫外線や風雨によって常に外部からの刺激や影響を受け続けております。
広い外壁面の汚れは、かなり目立ちます。せっかく塗り替えしたのに美観を損ねてしまう危険性があるため比較的濃い茶系やベージュ系の塗料を使用したほうが良いです。
一個の塗料で塗り替えしてしまうと平面上でべったっとした雰囲気になりがちです。そのため、出窓部分が突起している場合はその箇所だけ塗り分けするとアクセントとなり良いです。
平面上の図面や色見本だけでは想像できない場合は、カラーコーディネートソフトを使用して塗装を担当する会社様へプランを提案してもらうことが一番選定で失敗しないコツです。

マンションの外壁塗装の色は低彩度の色を選ぶこと

マンションの外壁は、風雨や太陽の紫外線や紫外線そして熱の影響を受けます。更に寒冷地では凍害によって、塗膜がボロボロになる事もあります。
外壁塗装の耐用年数は通常10年と言われており、この年月を目安に何かしら対策を行う必要があります。
塗料に関しては、二本塗料工業会による色見本帳を基に選ぶ事になります。
しかしこの中には、色の彩度や明度によっては外壁にふさわしくない色や、色あせしやすい色も含まれており専門業者に相談する事が大切になります。
マンションの外壁塗装では、面積の広い建物なので周辺の環境を壊さない配慮も必要となります。
ここで必要なのが彩度と呼ばれる色の鮮やかさの尺度です。彩度が高いと建物に落ち着きが無く高級感を得られず、周囲から浮いた建物になります。
その真逆の効果が低彩度の建物では得られ非常に落ち着きがありバランスの良い建物となります。
色選びの際は、晴れと曇りでは見え方も異なります。また、サンプル帳の小さい物で選ぶと実際の建物は濃くなりますので注意が必要です。