マンション塗装大作戦

マンションの外壁塗装を考える

マンションの外壁塗装は外観も考えて

マンションの外壁塗装は外観も考えて マンションなどの建物は新築して10年も経過すると、外壁塗装などの劣化が進み外観の感じが悪くなってきます。
そこで外壁塗装の塗り替えを計画しますが、マンションのイメージに大切な外観をよく考慮して塗り替えをするようにしましょう。
このマンションの入居者はどの年代をターゲットにしているのかを考えて、若い人が対象なら若々しく明るい感じにするとか、年配の人が対象となる場合は落ち着いてシックな感じにするとかイメージ作りを大切にしましょう。
部屋を探している人にとって、入居する建物のデザインや色彩などの感じは非常に気になるものです。
おしゃれで素敵なデザインの建物なら、入居している人までが素敵に見えてくるでしょう。
しかしあまりにも個性に走りすぎて、自己中心的な考えで色彩などを決めるのは控えましょう。
その地域の街並みやイメージもあるのではないでしょうか。
その町並みにピッタリの上品でおしゃれな外壁塗装の外観なら、マンション入居の希望者も増える事でしょう。

マンションの外壁塗装は、近隣住民への挨拶は不可欠で

マンションの外壁塗装をするには、役所に対して特別な許可を得る必要はありませんが、足場などが道路にはみ出す場合は、使用する道路の所轄の警察署には道路使用許可申請書、使用する道路を管轄している役所には道路占用許可申請書を提出して、許可を得る必要があります。
通行の妨げが生じる場合に、安全対策として警備員を配置しばければなりません。
建築現場では、建設業の許可票が提示されているので、作業期間はいつか、どこの業者が作業を行っているのか、連絡先はどこかなどを近隣住民も知ることができますが、外壁塗装では建設業の許可票が提示されぬまま行われることがあるので、外壁塗装はマンション住民だけでなく、近隣住民への挨拶も欠かせません。
マンションの外壁塗装では、大掛かりな足場は組むので足場代だけでもバカになりません。
2009年に「足場組み立て等の規則」という法律が改訂されてからは、足場を組まない無足場工法で作業を行う業者が増えています。
無足場工法では、短期でしかも低コストで行えるメリットがありますが、塗装が周囲に飛び散る恐れもあるので、近隣への配慮が必要になります。