マンション塗装大作戦

マンションの外壁塗装を考える

マンションの外壁塗装をしている時の騒音問題

外壁塗装時の騒音問題 マンションの外壁塗装は一般的な住宅と違い、多くの人々が生活をしていますし、マンションの規模によっては工事期間が長くなるため、外壁塗装を行う時の騒音問題について検討しておく必要があります。
外壁塗装は塗料を使って外壁面を塗るだけではなく、作業を行う時の足場を組み立てる工程や外壁に付着している汚れを落とす高圧洗浄、金属部分の錆を落とす作業など、何かと音が出てしまう工程が多くあるため、騒音問題に発展してしまうケースもあります。
集合住宅での外壁塗装は、入居者に対しての告知を行う事や工事時間を決めると言った事が重要なポイントになります。
入居者への告知の方法としては、管理人室前などに設置してある掲示板を使う方法や回覧板を回すルールがある場合には、回覧板を併用するのもお勧めです。
また、入居者宅を1軒ずつ回って伝えるなどの方法もあり、1軒ずつ回って工事についての簡単な説明を行っておけば騒音問題に発展する事を防げます。

マンションの外壁塗装はどこを塗装する?

マンションの外壁塗装は大規模修繕工事の一つでもあり、一戸建て住宅と比較した場合、塗装面積が多くなるため工事期間も1~2ヶ月と言った具合に長くなると言った特徴があります。
一戸建て住宅の外壁塗装の場合は、住宅の外壁全体や外壁に付随する雨樋や軒天井、破風板と言った部分も併せて塗装を行いますが、マンションの場合はどこを塗装するのかわからない人も多いのではないでしょうか。
マンションの外壁塗装の場合は、建物の外壁すべて、ベランダや敷地内にある共用施設の外壁などであり、マンションの外壁塗装は共有部分の内、外側に面している部分が対象になります。
但し、共用廊下などの壁なども塗装範囲となるため、一般的な住宅よりも塗装面積は広くなるのです。
駐輪場やバイク置き場、ゴミ置き場などに外壁がある場合には、こうした部分も塗装の対象となりますが、どこを塗装を行うのかは建物を管理している管理組合などが決める事が多いのが特徴です。